髪を傷めない毛染め

髪を傷めない毛染めってあるの?

こんにちわ!いつも見ていただいてありがとうございます。

あなたは 毛染めをすると髪が傷むと感じたことはありませんか?

もし、そんなことを感じたり、実際に繰り返し毛染めをして髪が傷んでしまったり,毛染めをすると沁みたり、染めた後にかゆみが出たり、カブレたりフケが出たり、頭皮が赤くなったりなど気になることはありませんか

 

毛染めにはいろいろな種類がありますが、一般的にはアルカリカラーと言われるものが多く,自分で染める市販のカラー剤もアルカリカラーで,美容室のカラー剤もアルカリカラーで染めることが多いのです。

毛染めの中でも、一番よくつかわれているアルカリカラーは髪や頭皮へのリスクが高いので、アルカリカラーについて紹介させていただきます。

このアルカリカラーは簡単で手軽にしっかりと染めることができます。

アルカリカラーは、髪のキューテイクルを開き髪の中までしっかりと染料が入り染まります。

髪の色を明るくするには日本人は黒髪なので髪の色を抜かないと明るい色に染めることができません。

白髪染めの場合は、髪の白い部分と黒い部分がまざりあっているので、まず髪の色を抜いてから染料が入るので白い髪も黒い髪もきれいに染まります。

早い話が、髪の色を抜くと同時に染料を入れて染めるので、この繰り返しをすれば髪は傷みます。

そして、髪と頭皮はアルカリに弱いので、髪も頭皮も傷むのです。

さらにジアミンという物質が髪に色をしっかりと定着させるので、毛染めには必ず入っていて、ジアミンがかぶれや、アナフィラキシーショックを引き起こし、呼吸困難になる方もあります。

アルカリカラーは繰り返し染めることで、髪と頭皮を傷め、様々なトラブルが起きやすくなりますが、リスクを最小限にして、髪と頭皮を傷めず染める毛染めがあります。

リベールでは、かぶれや頭皮の傷みを避けるために、ジアミン除去剤を使いさらに、髪を傷める過酸化水素を除去して染めます。

それだけでなく、キラ水と言って化学薬品を使うことでできる活性酸素を発生するのを防ぎ、髪や頭皮のたんぱく質を修復をするという波動水を使っています。

世の中にはいろいろな水がありますがこのキラ水は東大の研究室とNASA で、共同開発した波動水です。

いかにリスクを最小限にするかを考えて染めることで、髪も頭皮も傷めず、染めることができるのです。

 

 

 

髪を傷めない毛染め

繰り返しの毛染めと乾燥でぱさつきがきになります。

髪を傷めない毛染め

キラ水を使って染めるとツヤも出て、ボリュームも出ます。

お聞きすると、染めても沁みたり、かゆくなることもないそうです。

髪の量も減ることもなく、シャンプーの後も簡単にスタイルが決まり、とてもラクでいいと言っていただきました。

染める時間もわずか10分ですから髪と頭皮の負担が少なくて済みます。

キラ水は浸透がいいので、短時間で染めて、アルカリ除去剤も使うのでアルカリになった髪と頭皮も中和します。

過酸化水素の除去でパサつきも抑え髪と頭皮の傷みを抑えます。

この髪を傷めないプレミアカラーですが、40代から気になる白髪やボリューム、パサつきなど年齢による髪質の変化に対応するエイジングカラーです。

カウンセリングであなたの今の髪の状態に合わせて染めることをお勧めします。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツールバーへスキップ