白髪染めで痒くなった時のカラートリートメント

毛染めをすると痒い方の白髪染め

リベールもあと1日を残しての営業です。

この1年リベールへお越しいただきましてありがとうございました。

振り返ってみますと、1年の間いろいろなことがありました。

いつもお越しのお客様が入院されたり、不幸があったりと、お聞きすると胸が痛むようなこともありました。

それでも、お元気なお顔を見てホッとしたりもしました。

そして今年1番怖い思いをしたのは、地震と台風でした。

今でも不自由な生活をされている方もありますが復興に向けて、頑張ってほしいと願うばかりです。

リベールも大した被害もなく、家族も含め元気で過ごせたことに感謝です。

私たちとお客様のつながりは髪ですが、少し自信を無くしかけたり、疲れたり、元気をなくしたときに頼りにしていただける美容室でありたいと思っています。

髪がツヤツヤで毎日のお手入れが楽で扱いやすいこと。

女性はヘアースタイルが決まると気分もぐっと上がり気持ちよく過ごせます(笑い)。

おかげさまで、充実した1年を送ることができましたありがとうございます。

さて、今日のお客様ですが、今まで白髪染めをすると痒くなり、いろいろな毛染めを試してきました。

ヘナカラーもしてマニュキュア、アルカリカラー、カラートリートメント、パウダータイプの白髪染めなど…

少しの白髪も気になり月に1度の白髪染めでは間に合わないからと2度ぐらい染めているので、頭皮も赤くなっています。

ヘナもかゆみがあるからとやめて、今ではカラートリートメントでで我慢をしていただいています。

毛染めでかゆみがあり、ヘナもダメ、その他のカラーもダメな場合は基本的には毛染めそのものができない状態だと思います。

しかし白髪が気になる方の場合は、カラートリートメントで染めていただいていますが、今のところ、だいじょうぶなようです。

白髪染めで痒くなった時のカラートリートメント

カラートリートメントの前にキラ水で頭皮の保護と髪を傷めない炭酸トリートメントをするとツヤツヤです。

いつもトップが割れるのを気にされていますが、くせ毛のためのキュビズムカットでトップの割れるのも収まりボリュームも出ています。

当ブログを見ていただきましてありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツールバーへスキップ