プレミアムカラーは

毛染めをして痒い、しみる、髪の傷みが気になる人のプレミアムカラー

最近、お客様からの問い合わせに毛染めをするとヒリヒリと沁みるんです。

 

どこの美容室に行っても沁みるのですが、しみない毛染めってありますか?

 

とか、毛染めをすると痒くなるので痒くならない毛染めはありますか?

 

または毛染めをしたらカブレて、湿疹になってしまったので染めることはできますか?などの質問をいただきます。

 

白髪染めも、おしゃれ染めも、髪と頭皮へのダメージは必ずあります。

 

毛染めの薬剤にはいろいろな種類がありますが、今回は一番よくつかわれている1エキと2エキを混ぜて使うよくあるカラー剤について、お話をします。

 

 

毛染めをして、ひりひりと沁みる、かゆい、痛い、赤くなる、染めた後に湿疹ができたり、赤くなるなど頭皮が弱ってしまう場合はすでにアレルギーになっている可能性が高いのです。

 

パーマやカラー剤はその性質上あらゆる科学成分が残留する性質があり、いくらきれいにシャンプーをしてもその残留成分を取り切りことができず、髪や頭皮にダメージが蓄積します。

 

そして、毛染めの中にはジアミンと言ってアレルギーを起こす成分が入っているので長い間に繰り返す毛染めでアレルギーを引き起こします。

 

パーマや毛染めをした翌日には、独特なにおいや、かゆみを感じたことはありませんか?

 

それは炎症を起こしている証拠です。

 

リベールのプレミアムカラーは、レゾトリートメントと言って国際特許を取得した特殊成分が残留した成分を大幅に無害化し、10年後のお客様の頭皮と髪を守るデトックストリートメントです。カラー剤に入っているジアミンを除去、頭皮を刺激する過酸化水素を除去します。

 

アレルギーはいろんな要因でなりますがその一つが、蓄積です。

 

要するに、人生でカラーをした回数の蓄積でなるのです。

 

これは、消費者庁も言っている話です。

 

プレミアムカラーはレゾトリートメントで、頭皮から残留物質を取り、アレルギーを未然に防ぎ、カラーの後のかゆみの期間も短くなります。

 

 

臭いもなくなり、ダメージも減り、未来のお肌も守ります。

 

基本的にパーマやカラーをすると活性酸素ができます。

 

髪が傷む、物が腐る、錆びる、ことを酸化するといいますが、これは活性酸素ができるからで、この活性酸素を除去する特殊な水であるキラ水も同時にします。

 

私も、当店の吉田もアトピー性皮膚炎があり毎日の仕事での手荒れで随分と悩まされてきました。

私たちの手荒れもなくなくなるというキラ水や、レゾトリートメントのことを知り何度か勉強に行き、何度か試行錯誤してプレミアムカラーを導入することにしました。

 

お客様にもお試しで、やらせていただきましたが沁みなくて、楽でいいと言っていただいています。

毛染めの後の質感もよくて、ツルツルしている~と何度も触って確かめる方もあります(笑い)。

 

当店の吉田は毛染めをすると痒い、しみる、ひどい場合は頭痛がしたり、染めた後にはフケが出たり湿疹になりかさぶたができるといいます。

 

しかし、おしゃれのためには毛染めもしたく、体調のいいときなどを選んでしています。

 

このレゾトリートメントとキラ水とを使い、当店の吉田がプレミアムカラーをしました。

 

プレミアムカラーは

おしゃれ染めでしましたが、染めた後の2~3日後が一番頭皮がかゆくなったり、耳の後ろが赤くただれるので気になるといっていました。

 

染めた当日は全く沁みることもなく、なかなかいい‼!と言っていました。

 

そして、毛染めの後の髪の質感がサラサラ、ツヤも何かを付けてのツヤでなく自然なツヤです。

 

一番うれしいのは何事もなく毛染めができたことだといいます。

 

硬くて多くて、クセ毛なのですが、髪が落ち着いてまとまりがいいので、シャンプーの後は何もしなくて自然乾燥だけで、手グシで終わり!!と言います。

 

毛染めをしても、髪も頭皮も傷まず、こんなラクチンなプレミアムカラーは5年後10年後の髪と頭皮を守り、アレルギーからも守ります。

 

今日もお運びいただきましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツールバーへスキップ