プレミアムカラー

月に1度の白髪染めで髪の傷みが気になる人にプレミアムカラー

いつも見ていただきましてありがとうございます。

白髪染めも月に1度は染めているという方で、最近になり髪の傷みだけでなく染めると痒い、しみる、着肌が赤いなど気になりませんか?

月に1度も染めていない方でも毛染めをすると、髪の傷みが気になるという方に、なぜ毛染めで髪が傷むと思いますか?

そんな疑問を持ったことはありませんか?

 

今日は毛染めの中でもアルカリカラーと言ってどこの美容室でもやっているカラー剤のことを説明します。

 

このカラー剤は自分で染めるものも同じで、1エキと2エキを混ぜて使うもので、カラー剤の中にはジアミンと、2エキには、過酸化水素と言って頭皮に刺激のあるもの、その他髪と頭皮にとって良くない化学物質があり、それが髪に残留すそれがるのがよくないのです。

 

髪と頭皮には、アルカリ性のものがよくないのですが、よくある一般的に使われている毛染めは、、アルカリカラーと言われているもので、刺激も強く私たちの髪と頭皮にはよくないもので染めているのが現状です。

 

私たちの髪と頭皮によくない毛染めですが極力、リスクのないように、髪と頭皮を傷めないように染めるのが、プレミアムカラーなのです。

 

髪と頭皮に残留させないジアミンや過酸化水素などを除去するトリートメントと毛染めをする時にできる活性酸素を除去して髪のたんぱく質を修復するキラ水を使ってカラーをします。

 

そしてこのカラーはわずか10分ほどで染めるので、頭皮についているカラー剤の時間が短いので髪と頭皮の負担も少ないのです。

ビフォー

プレミアムカラー

アフター

プレミアムカラー

クセ毛ですがクセ毛のためのキュビズムカットをすると、髪が扱いやすくなり収まりもいいのでブローの苦手な方でもお手入れが楽だと言っていただいています。

 

、プレミアムカラーは沁みることもなく、染めた後かゆみもなく、刺激が少ないので毛染めをしても様々なトラブルから予防をします。

 

染めた後も手触りがよくサラサラしてツヤも出ます。

 

今までの毛染めで髪がやせて細ることが多いのですが、たんぱく質を修復するキラ水で、髪のボリュームも維持できます。

 

ただ染めるだけでなく、髪と頭皮のために必要なことをすれば、アルカリカラーでも、綺麗な髪を保つことができます。

当ブログを見ていただきましてありがとうございます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツールバーへスキップ