ヘナカラーにハイライト

いつもヘナカラーをしているS様。

 

髪の量も多く、硬くてしっかりしている髪質ですが、くせが強く膨らみます。

 

縮毛矯正もしているので、毛染めにはヘナカラーをお勧めして、何度もヘナカラーをしています。

 

ヘナは繰り返すとクセの出方も緩やかになり、さらにくせ毛のためのキュビズムカットをしているので収まりやすいのです。

 

はじめてお越しいただいたころは、短くしていて髪も傷んでいました。

 

いつもショートヘアーにして縮毛矯正をして、伸ばすことが無かったようです。

 

最近はツヤもありとても扱いやすいと言っていただきます。

 

やすい今回は、髪の色を明るくしたいといわれるので、ヘナカラーは明るくすることができないため、少しハイライトを入れて明るくしました。

 

ヘナカラーは髪を傷めることがないのは、ブリーチと言って髪の色を抜く力がないから傷むことがないのです。

 

全体に明るくするブリーチより髪の負担がありません。

 

部分的に入れたハイライトですが全体に明るく見えます。

 

髪を痛めることもなく、硬くて多い髪も、柔らかく感じますし、手ざわりがとてもいいです。

 

髪も以前より少し伸ばしていますが、収まりもよく扱いやすいとお聞きして、、髪って使うものでかわるんですね。

 

当ブログを見ていただきましてありがとうございます。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツールバーへスキップ